プリンター活用術

プリンター活用術

インクタイプのプリンター故障対策

国内大手のメーカーが家電量販店で販売しているプリンターは、ほとんどがインクを使用するタイプです。
このタイプは構造が比較的簡単な為、値段が安いのが特徴です。
しかし、久しぶりに使用する場合(例えば一年振りに年賀状を印刷する時)、キチンと印刷されないことがよくあります。
マニュアルに書いてある通りに「ヘッドクリーニング」を行って印刷できればラッキーですが、一年振りぐらいだと「ヘッドクリーニング」を何回繰り返しても直りません。
購入したお店に持って行っても、補償期間が過ぎていればお店の人に「修理するより新しく買い替えた方が良いですよ」と言われてしまいます。
そこで、プリンターが故障しない為に普段気を付けることを教えます。
キチンと印刷出来ないのは多くの場合、インクを吐出するノズルに乾燥して固くなったインクが詰まっているせいです。
前述した「ヘッドクリーニング」はノズルに詰まったインクを取り除く為に、通常の印刷時より多めにインクを吐出する動作を行います。
しかし、この動作に近いことを通常はプリンターの電源を入れた際に行っている為、一週間に一度程度電源を入れることで、故障を防ぐことが出来ます。
また、できれば月に一度程度はどこか適当なホームページをA4で1ページ分だけカラーで印刷して下さい。
簡単なことですから、せっかく購入したプリンターを長く使用する為にもぜひ心がけて下さい。


プリンターが故障した時にすべきこと

何らかの理由でプリンターが故障してしまった場合には、その原因をしっかりと見つけるようにする行動が不可欠になっていきます。最近は新品が数千円で購入できるような状況になっているので、プリンター自体の交換の年数が早まっている現状がありますが、それであっても故障をした際には全力を尽くして治していくような方向を目指していくような意識が大切です。さらにインターネットで詳細をレポートしてくれるような方々が増えたこともあって、プリンターの操作に少しでも慣れている場合であれば朗報と呼べる内容がたくさん出ているわけです。シンプルな操作性が自慢の機種も増えてきたことから、自分自身でできる範囲の内容をまずは優先させていくようにする部分が重要となるのです。 これまで語ってきた内容を整理して、故障の原因を突き止めることができれば、改めて新品に近い状態で家庭用プリンターの機能を使用していくことが見込めるようになっていきます。


注目サイト

ボートレースの予想を行う

Last update:2017/8/10