プリンター活用術

プリンター活用術

プリンターのトナーの種類について

プリンターのトナーには、実はいろいろな種類があります。
一つ目は、「国内純正品」。
プリンターのメーカーが作り、国内だけで流通しているトナーです。
純正品なのでクオリティーは安定していますが、値段は高めです。
二つ目は、「輸入純正品」。
海外のメーカーが作り、輸入された物です。
クオリティーが安定しているうえに国内純正品より値段も安いですが、後述するリサイクル品などと比べると高くなります。
三つ目は、「汎用品」。
メーカーが作っているのですが、ブランドが付いていないので、純正品より安くなっています。
しかし、これもリサイクル品よりは高くなります。
四つ目は、「メーカー純正リサイクル品」。
リサイクル品ではありますが、メーカー純正なのでクオリティーは安定しており、純正品よりも安いです。
ただし、リサイクル品よりはやや高くなります。
五つ目は、「リサイクル品」。
純正品の5・8割程度と、かなり安くなっています。
ただし、不良率が高いというリスクもあります。


純正トナーを使用したプリンターの概要

プリンターで使用されるトナー全般は、市販のものを存分に生かしていくような内容を真剣に捉えていく姿勢がポイントになっていくので、環境を意識した結果的をよく考えてみる事柄が重要なのです。またトナーのカートリッジは代替品で補うことが可能になっているので、ビジネス用においては定期的にメンテナンスをしてプリンターを賢く運用していけるような概要にも結び付いていきます。私物を慎重に判断していくようにすれば、最終的には独自のアレンジする姿勢も出ていくようになり得ます。
その一方でインターネットに使用の幅が広がったプリンターは、多機能性が重要とされていて、結果的には高性能なタイプが流行ることになっています。定期的に交換する人が増えている方が多く、家庭用のプリンターにおいてはトナーの質が耐久性にもそのままつながっていくことになるわけです。寿命を延ばしていけるように、各々がベストを尽くすことが大事になっていくのです。

check

成人式の前撮りを神戸で依頼

2017/12/14 更新